そば処と倉

そば処 常念

自宅を出て、まず向かったのは国営あづみの公園。
途中で昼をまわったので、その場で適当に検索し、一番近そうな蕎麦屋さんへ。

着いたのはそば処 常念さん。
民家を改造したお店の佇まいはなかなか素敵で、一気に期待が高まる。

ごはんを食べる場所でカメラを構えるのがあまり好きではないので、
食事時の写真はないのだけれど、頼んだ天ざるは大変美味しゅうございました。


そば処 常念

庭には昔ながらの倉があって、時空を超えたような不思議な気分になる。
田舎の祖父母の家にはこれに似た倉があって、
子どもの頃わたしは一人、倉に忍び込んで中を探検していた。
中に入ると夏でもひんやりと冷たい、その空気や、
そこに貯蔵されていた米の匂いだとかを、
なんだか懐かしく思い出してしまったのだった。

さて、我々の旅の目的はほぼ果たしたところで、
次はようやく子どもたちの番。
国営あづみの公園編につづく。

0 comments:

Post a Comment

 

Blogger news

引越作業、ほぼ終了。

Information

お知らせなどはこちら

About

Author : トモコ